大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
彰化縣
彰化縣
人文、節句、祭り
人文、節句、祭り
彰化縣
彰化縣
若い民俗工芸の彫刻家-蘇永良さんの採訪
2008-09-05 20:29:00
2008-09-05 20:40:00
3147
吳佩樺
彰化縣
吳佩樺
彰化縣
 


◎招き虎の特別報道

 晩秋の季節に空気の中に少し涼しい感じて、私たちは彰化の花壇に来、若い伝統民俗の彫刻家-蘇永良を訪問しました。小さい頃から美術、工芸に興味がある蘇永良は特に伝統の工芸に対して濃厚な感情を持っています。それで、小学校と中学校の時に常に寺廟へ来て廟の竜を刻む柱を見ます。昔の記憶とイメージを持って彫刻工芸に対しての情熱を傾けます。

 中学校以後、蘇永良は近くにある渓湖で生徒になり、神像の彫刻を習い始めます。蘇永良は「昔からの話し方によって神像の彫刻は『粧仏』と言われます。彫刻を通じて神に表情や姿を表れて神像に命を付与いたします」と述べました。渓湖の木彫先生に技術を習っている生徒の一年十ヶ月の間、各家の長所を融合して、各種の彫刻技巧の表現と神韻における長所が見付きます。伝統的の方法を基づき、多年に試みと練磨して経験を積めてから、いっそうに新しい素材と彫刻の技法を通して全ての素材を一番適切な方式で新しい突破に達成するように努力しています。新しい創意を追求していても常に先生に教えて根本的な伝統の基礎も忘れません。
 
 述べている間に、彼は色々な神像の下書きの図を見せながら話すによって、一つの神像の姿、形態、服装を設計してからいつも廟に持ってきて長上に神像のスタイルが地位なりに合っていないかを尋ねます。描き直しの設計図も廟に「バアボイ」(木製の月形の物で神様に尋ねる時に使う物)を通した後で仏像の彫刻を始めます。それ以外に彼は常に古代の遺失したものを研究し、文献の記載の中や老人の話と村民の口コミから相関の資料を探し、伝承が絶える伝統文化を彫刻の方でもう一度現れます。

 彼の最新創作での彰化県の代表的な特産の「招き虎」と言う伝統芸術品に言及する時に、蘇永良は「彰化地区のある虎爺廟が虎爺の神像を委託して、虎爺の彫刻を擬人化にして吉祥、思うままの象徴の財神爺になる神像を望まれます。そのゆえ、「招き虎」を作り始めます。」と述べました。また、今よく見える日本の「招き猫」は古代の中国の「咬錢虎」から移り変わるそうですとのべました。そして、台湾の代表できる物を、台湾本地で民族性に富んでいる文化象徴を願うから、「招き虎」の創作のアイディアを激発されます。

 スタイルと表情が豊富な招き虎は、広い額と顎がしていてとでも厳かな模様、弥勒仏のように丸い腹、後ろに二つ思うままの象徴する丸筋-「如意紋」があり、及び足に如意靴を履き、福と如意のような格好をしていて、この「招き虎」を濃厚な伝奇性と神話のような色彩に与えさせます。蘇永良は、一尊の招き虎はデザインから描きまで約一ヶ月の時間が必要です。描きの過程は招き虎の神韻に付与させる重要な段階ですと述べました。

 伝統的な工芸彫刻は当地の文化の色彩を融合して非常に芸術の価値があります。これらの神像と招き虎で深遠の意義を伝え続けられます。

【大台湾旅遊ネットTTNews/洪榕 採訪】




◎招財虎專題報導 
  晚秋時節,空氣中帶有淡淡的涼意,我們來到彰化花壇,拜訪一位年輕的傳統民俗工藝雕刻家--蘇永良。
自小就對美術、工藝充滿興趣的蘇永良,尤其是對傳統工藝美術有著濃烈的情感,因此國小和國中時常常跑到寺廟裡看廟裡的雕龍畫棟,舊時的記憶與印象,以及對雕刻工藝的熱忱,從此就和民俗工藝雕刻有了不解之緣。

  國中畢業之後,蘇永良到鄰近的溪湖當學徒,開始從事學習佛像雕刻的生涯,蘇永良說:「以古早的說法而言,佛像雕刻就是所謂的『妝佛』,就是給佛像刻上表情與姿態,也等於是賦予佛像一種新的生命。」在當學徒的一年十個月期間,跟著溪湖的老木雕師傅學習,當時可以說是融合各家之長,將各種木雕技法的表現與神態加以取之所長。學成之後,以傳統的方式奠立基礎,在經過多年嘗試與磨練之後所累積的經驗,再進一步嘗試用新的素材與新的雕刻技法,讓每一件素材都可以達到最適當的表現方式,而每當有新的突破,也一定不忘回去請教老師傅,在尋求新的創意之餘,也不忘最根本的傳統根基。

  說著,他就一邊展示許多佛像的草稿一邊說,每當設計好一個佛像的姿勢、型態與服裝時,他都會拿到廟裡向長輩請示,詢問這些佛像的造型是否合乎這些神祉職稱應有的神態,修正過後的草圖也會拿到廟裡擲茭請示,之後才真正開始佛像的雕刻。此外,他也不時研究一些古代早已失傳的東西,試著從一些文獻記載、街頭巷尾耆老鄉民的言談中找尋資料,讓這些失傳的傳統文化再度以雕刻的方式呈現出來。

  而談到他的最新創作,也是做為彰化縣形象特產「招財虎」傳統藝術品時,蘇永良說,彰化地區有一個虎爺廟委託他最一個虎爺雕像,希望雕刻一個擬人化的虎神做為代表吉祥、如意的財神爺,因此開啟了「招財虎」創作契機。他繼續指出,現在處處可見的日本「招財貓」,據說是從古代中國的「咬錢虎」演變而來,另一方面,他也希望能有一種能夠代表台灣在地及富民族性的文化象徵,因而激發了「招財虎」的創作靈感。

  造型與表情豐富的招財虎,寬大的天額與地額,有著強烈的「威形」,挺著有如彌勒佛般大肚皮,背後有兩個象徵如意圓紋--如意紋,以及腳上穿著如意鞋,散發著福態與如意的型態,讓這尊「招財虎」有了濃烈的傳奇性與神話般的色彩。蘇永良說,雕一尊招財虎從造型設計到彩繪約需要一個月的時間,而彩繪過程是賦予招財虎神韻最重要的階段,當他在彩繪時也都用隨性、灑脫的筆法,毫不拘束的筆跡也讓每一尊招財虎有了截然不同的神韻與表情。

  最後,蘇永良指出,為了完成這些雕刻的神像,除了參考古代書籍與向長輩詢問之外,不斷嘗試描繪了好幾次,才敢真正用在神像上,也希望藉由這些作品,能進一步提升台灣神像雕刻的水準。

  傳統的工藝雕刻,特別是融入的在地的文化色彩之後,也具有非常高的藝術價值,在這些佛像與招財虎上,這些深遠的意義也將會在這些佛像上繼續流傳下去。
2008-09-05 20:29:00
2008-09-05 20:40:00
3147
大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
彰化縣
彰化縣
人文、節句、祭り
人文、節句、祭り
彰化縣
彰化縣
 
     
 
基隆市 台北市 台北県 桃園県 新竹市 新竹県 苗栗県 台中市 彰化県 南投県 雲林県 嘉義市 嘉義県 台南市 高雄市 屏東県 台東県 花蓮県 宜蘭県 澎湖県 金門県 連江県(馬祖)
   
 
本サイトのコンテンツの著作権は、大台湾旅行ネットの方にあります。文章、画像、映像、音声等データの無断転用・引用はご遠慮願います。
大台湾旅行ネット股分有限公司 会社登録番号:13063983
住所:台湾台中市南屯区五権西路二段666号16F-1
TEL:+886-4-2385-1199 FAX:+886-4-2385-0099