大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
台北市
台北市
人文、節句、祭り
人文、節句、祭り
台北市
台北市
景美の集応廟
2008-03-24 21:42:00
2008-03-24 21:43:00
3663
葉南顯
台北市
葉南顯
台北市
  景美は台北盆地の南、新店渓の東、蟾蜍山の南にあって、台北から新店、坪林、烏来と深坑へ行く時に必ず経由する要路です、北は蟾蜍山で中正区、大安区と隣にして、東は景美山と木柵を界にして、南は景美渓で新店市と隔てって、西は新店渓で永和、中和と隔てって、地形は一つの小型の盆地で、山地の面積はおよそ3分の1を占めて、平地は3分の2を占めます。

  多くの人にとって、木柵の猫空の八仙の一人の呂洞賓を祭る「指南宮」は台北市の文山区の最も有名な寺院ですが、しかし「景美の集応廟」が文山区の唯一の「国家級の古跡」、更に「文化資産の保護法」に保護されている廟の建物です。

  「景美の集応廟」は同治6年(西元の1867年)に創建しました。主に福建省の泉州府の安渓県人の加護神の保儀尊王の張巡様と保儀大夫の許遠様を祭ります。400年前に、安渓人が台北に移住して、彼らはほとんど茶の農家で、文山地区の湿っぽい丘を選んでお茶を植えにきて、同時に彼らの加護神も一緒に連れてきました。

  その時の安渓人は高、張、林氏の三つの家族が主にして、時間の流れに従って、人口は次第に増加して、開墾した地区は景美からずっと木柵、深坑、石碇郷までへ広く開拓して、もちろん安渓の加護神を祭る人もだんだん多くなって、そのために集応廟を三軒に分けて、それぞれは今の景美市場の中の「高氏集応廟」、武功の国民小学校の近くの「林氏集応廟」、および木柵の国民中学校のむこうの「張氏集応廟」です。その他に深坑の廟口の「集応廟」も保儀尊王と保儀大夫を祭ります。

  今の「景美の集応廟」は1924年に改築したのです、そして80年後の2004年に二回目の修繕工事を行って、百年以上の歴史を持つ「集応廟」の建物は先賢の知恵と風采を持っています。入口の「南閩遠服」の額はすでに80年以上の歴史を持っています。
【文章/写真 大台湾旅行ネットTTNewsの記者 胡殷碩】

上記の内容は下記の中国文の文章を翻訳したものです、もしもその中で何が間違いがありました場合は中国文の解釈を基準と致します。

  元宵燈謎:「賣魚免用秤!」打一地名,謎底即為景美,「揀尾(景馬)----算一毛多少錢!」

  景美位於台北盆地南方,新店溪以東,蟾蜍山以南,地當台北赴新店、坪林、烏來和深坑等地必經之要道,北以蟾蜍山與中正區、大安區為鄰,東以景美山與木柵為界,南以景美溪與新店市相隔,西以新店溪與永和、中和相望,地勢為一小型盆地,山地面積約佔三分之一,平地佔三分之二。

  對大多數人而言,位於木柵貓空、供奉八仙之一–呂洞賓的「指南宮」是台北市文山區最有名的寺廟,但是「景美集應廟」卻是文山區唯一的「國家級古蹟」,更受「文化資產保護法」保謢。

  景美舊稱「景尾」,由於昔日「瑠公圳」流經現今景美舊橋快樂旅社附近,故有「梘尾」之稱;「梘」字閩南語發音同ㄍㄧㄥˋ,意指日據時代當地所建,上行人車、下走水脈的雙層木造橋樑–「瑠公橋」,而下層的通水道稱之為「梘」,因此景美才會有「梘尾」之稱;而光復後便改稱為現今民眾所熟悉的景美。

  「景美集應廟」創建於清同治六年(西元1867年)。主要是供奉福建省泉州府安溪縣人的保護神:保儀尊王張巡和保儀大夫許遠。在400年前,安溪人移民來台北,因為他們大部分都是茶農,所以選擇了文山這個潮溼的山丘地來種茶,同時帶來他們的鄉土保護神:保儀尊王、保儀大夫、清水祖師等神明。(上述神明皆屬於閩南泉州安溪人的信仰神明)

  那時候的安溪人主要是高、張、林三大姓,隨著時間的進展,人口逐漸增加,開墾的土地從景美一直拓展到木柵、深坑、石碇鄉,當然供奉安溪鄉土神明的人也越來越多,因此就將集應廟拓展成三座,分別是現在景美市場內的「高氏集應廟」(當年留下神像供信眾拜祀,信徒與族人慣稱其為「高安公」;直得一提的是,高氏一族當年屬於全村遷移,與早期普遍「有唐山公、無唐山媽」的狀況不同),武功國小附近的「林氏集應廟」(信徒與族人慣稱其為「安媽」),及木柵國中對面的「張氏集應廟」(當年將原廟香爐移靈至現今所在處,信徒與族人慣稱其為「張安公」)。另外還有深坑廟口的「集順廟」也是供奉保儀尊王和保儀大夫,民眾與遊客不難從從上述的軌跡看出安溪人在文山地區發展的狀況。

  身為三級古蹟的「景美集應廟」,其主管維護單位歸屬於是縣市地方政府,即台北市。雖然由於地權糾紛,導致「景美集應廟」無法像其他廟宇冠閣一樣宣揚於世,反而被湮沒在市集之中,而廟宇的祥靜也因此大打折扣。但所謂出淤泥而不染,「集應廟」本身建築的丰采卻不因此而蒙塵。

  現在看到的「景美集應廟」是1924年時重修的,而在80年後的2004年進行第二次大修,超過百年歷史的「集應廟」有著昔人的建築智慧與風采。入口處「南閩遠服」匾額有著超過80年的歷史,店中各橫樑中粗兩端細,屬於「泥鰍肚」設計(符合力學原理)。

  看著近年來景美夜市人潮日漸衰退,「集應廟」管委會的高先生也有自己的看法:「大約是六或七年前,當時的台北市政府有意將景美夜市規劃為觀光夜市,但因故未能成行;如今看著饒河街、通化街、迪化街等其他觀光夜市人潮不斷的繁榮景象,不禁感嘆錯過了時機。而大賣場的相繼出現也改變了台灣民眾的消費習慣,對傳統市集的影響確實很大。」
胡殷碩

2008-03-24 21:42:00
2008-03-24 21:43:00
3663
大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
台北市
台北市
人文、節句、祭り
人文、節句、祭り
台北市
台北市
 
     
 
基隆市 台北市 台北県 桃園県 新竹市 新竹県 苗栗県 台中市 彰化県 南投県 雲林県 嘉義市 嘉義県 台南市 高雄市 屏東県 台東県 花蓮県 宜蘭県 澎湖県 金門県 連江県(馬祖)
     
 
大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
New Store
New Store
1.
台灣鳳梨酥台北福記餅店(滿福堂)台灣鳳梨酥台北福記餅店(滿福堂)
苗栗から出身し、百年歴史を持ちます。伝統の製法に従って手作りの餅を提供しています。第四代目経営者が台北行天宮の付近に支店をオープンして 看板の鳳梨酥、肚臍餅、綠豆椪など台湾の代表的なデザートを提供しています。看板の鳳梨酥、肚臍餅、綠豆椪など台湾の代表的なデザートを提供し
02-33223301、02-33223302
台北市中正區忠孝東路二段3號
2018/09/28
大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
New Store
New Store
 
     
   
 
本サイトのコンテンツの著作権は、大台湾旅行ネットの方にあります。文章、画像、映像、音声等データの無断転用・引用はご遠慮願います。
大台湾旅行ネット股分有限公司 会社登録番号:13063983
住所:台湾台中市南屯区五権西路二段666号16F-1
TEL:+886-4-2385-1199 FAX:+886-4-2385-0099