大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
花蓮縣
花蓮縣
ツアーの情報
ツアーの情報
花蓮縣
花蓮縣
【台湾旅行】東台湾の五大温泉地へ快適な温泉を満喫
2011-01-04 14:35:50
2011-01-04 14:36:49
3823
吳佩樺
花蓮縣
吳佩樺
花蓮縣
 壮麗な山脈と美しい海景を持つ東台湾は、冬に最も人気があるのは5大温泉区です。花蓮瑞穗、安通、台東霧鹿、知本及び金崙など北から南までの温泉地は泉質や観光施設、景観などもそれぞれ自分なりの風采を持ちます。

 2001年に開拓されていた瑞穗温泉は、水温が48度ほどの炭酸水素ナトリウム泉に属して、豊富な鉄及びバリウムを含んで引用できません。今は瑞雄温泉及び湧泉温泉を開放しています。

 安通温泉は、泉温が66度ぐらい、無色で硫化水素の匂いを帯びます。車で台30線で安通に入り、移り変わる車窓の風景を楽しみます。山地の温泉地に着いたら、木材や石で建てられた温泉プールが緑色と織り成して昔ながらの雰囲気が漂っています。

 霧鹿峽谷と天龍橋の下方にある霧鹿温泉の泉質は、弱アルカリ性の炭酸泉で無色透明で、泉温が70~80度ぐらい、送子温泉とも俗称されます。境内には摩刻南、彩霞、轆轆、栗松など何箇所の野渓温泉があり、千年の鐘乳石及び絶壁を持って東台湾で指折りの美景温泉と言えます。

 長い歴史を持つ知本温泉は内、外の二区に分けられ、谷、滝、森林などの自然景観を持ち、さらに一面広まるタイワンモクゲンジ林もあって風景が美しいです。泉質は炭酸水素ナトリウム泉で、泉温は最高で約95度です。

 台東太麻里の金崙温泉は、泉質は弱アルカリ性の炭酸泉で、無色ですが若干の硫黄臭があり、水温は70~90度前後となっています。遅く開発されるため、原始的な自然景観を持ち、温泉を楽しむ同時に金崙渓の河口を見られます。

 ほかにも、宜蘭の礁渓温泉、花蓮の紅葉温泉、緑島の朝日温泉なども代表的な温泉地です。
【大台湾旅遊ネットTraNews記者廖祐笙/花蓮県報道】


上記の内容は下記の中国文の文章を翻訳したものです、もしもその中で何が間違いがありました場合は中国文の解釈を基準とさせていただきます。


大台湾旅遊ネットhttp://jp.tranews.com/

2011-01-04 14:35:50
2011-01-04 14:36:49
3823
大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
花蓮縣
花蓮縣
ツアーの情報
ツアーの情報
花蓮縣
花蓮縣
 
     
 
基隆市 台北市 台北県 桃園県 新竹市 新竹県 苗栗県 台中市 彰化県 南投県 雲林県 嘉義市 嘉義県 台南市 高雄市 屏東県 台東県 花蓮県 宜蘭県 澎湖県 金門県 連江県(馬祖)
   
 
本サイトのコンテンツの著作権は、大台湾旅行ネットの方にあります。文章、画像、映像、音声等データの無断転用・引用はご遠慮願います。
大台湾旅行ネット股分有限公司 会社登録番号:13063983
住所:台湾台中市南屯区五権西路二段666号16F-1
TEL:+886-4-2385-1199 FAX:+886-4-2385-0099