大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
桃園市
桃園市
美食
美食
桃園市
桃園市
泰雅族の美食「黒豆と豚足」
2008-03-05 15:55:00
2008-03-05 15:57:00
4057
葉南顯
桃園市
葉南顯
桃園市
  原住民の居住する地区或いは原住民の近くの地区に、いずれも一つの有名な「黒豆と豚足」の料理があります、これは一種の黒色の小さい豆をブタの足と一緒に煮込んだ料理です、豆の表皮が黒色のため、だから煮込んだスープが褐色になって、甚だしきに至っては豚の足もこげ茶色になります。煮込んだ黒豆の口当りは普通の大豆と似ています。

  なぜ黒豆と称するのか、多分表皮が黒色を呈するためで、この黒豆は原住民の生活の中で「樹豆」と称して、一種の灌木の上に生長する豆です。この種類の灌木は生長の地区と緯度によって、高さがある程度異なっていて、大体1~2メートルの高さになります。もしかすると異なった品種かも知れません、普通の伝説の中に黒色だけでなくて、だから「樹豆」がわりに適当な通称かも知れません。

  普通は北区の花は黄色の蝶形の花冠で、莢は刀の形です、外観からはっきりと莢の中に豆がいくつ入っているのを見ることができて、最初から莢は緑色で、熟していた後に次第にこげ茶色に変わって、この時にやっと採ることができます。北部地区で常に見たのは黒色の豆で、その他の地区はもしかすると異なっている色があるので、だから黒豆を称しないかも知れません。

   収穫された黒豆はいつも乾かして貯蔵します、煮る前に先にきれいに洗って、それから水に浸して膨張させて、更に一回きれいに洗います、そして水に入れて煮込んで、更に豚の足あるいは肉などを入れていっしょに煮て、塩で味を付けて、おいしいスープになります。

写真の1:樹豆の黄色の蝶形の花冠
写真の2:樹豆の刀の形の莢
写真の3:泰雅族の美食の樹豆と豚肉
【文章/写真 大台湾旅行ネットTTNewsの記者 蔡聡挺】

上記の内容は下記の中国文の文章を翻訳したものです、もしもその中で何が間違いがありました場合は中国文の解釈を基準と致します。

  在有原住民居住的地區或是鄰近原住民的地區,因為地緣關係都會有一道有名的料理-黑豆豬腳,用一種外表呈黑色的小豆子與豬腳一起燉煮而成,由於豆子表皮是黑色之故,所以燉煮出來的湯頭是呈現褐色的湯汁,甚至於接觸湯汁的豬腳的外表也是呈現深褐色。燉煮好的黑豆,吃起來的口感與一般黃豆近似,當然會有飽足感。

  之所以被稱為黑豆,可能是因為它的外表呈黑色之故,而這一種黑豆在原住民的生活中是叫著樹豆,因為它是一種生長在灌木上的豆子。這一種權木的高度或許因為生長的地區、生長的緯度不同,高度有所不同,大約在1至2米高左右。或許還有不同的品種之故,一般流傳中的說法就不只是黑色的一種而已,所以樹豆還有較合適的通稱。

  樹豆的分枝多,枝幹上可以看到細細的白毛,葉片為三出葉,中間的那一片小葉較長,呈長橢圓披針狀,兩端呈尖狀,互生。北區一般看到的花為黃色蝶形花冠,開在接近枝端的地方。為刀形莢果,從外表可以清楚地看出該豆莢有幾棵豆子,嫩豆莢為綠色,成熟後逐漸轉為深褐色,這時候才可以採收。北部地區常看到的為黑色豆子,其他地區或許會有不同的顏色,可能他們就不會叫著黑豆。

  目前為了方便收成有些地方已採用種植的方式,種在自己的田裏,採收之後就全部砍除,第二年再種,成為一種經濟作物,如果自己經營餐飲的農家,就全部留著自己店內用,不會再賣出。因為野生的樹豆不多,市面上野生採收的量也就不多。

   收成後的黑豆都會曬乾好儲存,在煮之前要先清洗乾淨,然後再泡水讓它膨脹起來,再清洗一次,另外加水燉煮,再放入豬腳或排骨、豬肉等一起煮熟,略用鹽調味,便是一道美味的湯品。若將豬肉撈出,切片上桌,又是另一道美味料理。(攝影/蔡聰挺)

圖一、樹豆所開出的黃色蝶形花朶
圖二、樹豆所結出的刀狀豆莢
圖三、泰雅美食樹豆豬肉

2008-03-05 15:55:00
2008-03-05 15:57:00
4057
大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
桃園市
桃園市
美食
美食
桃園市
桃園市
 
     
 
基隆市 台北市 台北県 桃園県 新竹市 新竹県 苗栗県 台中市 彰化県 南投県 雲林県 嘉義市 嘉義県 台南市 高雄市 屏東県 台東県 花蓮県 宜蘭県 澎湖県 金門県 連江県(馬祖)
   
 
本サイトのコンテンツの著作権は、大台湾旅行ネットの方にあります。文章、画像、映像、音声等データの無断転用・引用はご遠慮願います。
大台湾旅行ネット股分有限公司 会社登録番号:13063983
住所:台湾台中市南屯区五権西路二段666号16F-1
TEL:+886-4-2385-1199 FAX:+886-4-2385-0099