大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
台中市
台中市
地方特產品
地方特產品
台中市
台中市
新社郷の農作物
2008-03-04 17:15:00
2008-03-04 17:16:00
3739
葉南顯
台中市
葉南顯
台中市
《概説》
新社郷は中興嶺の北麓と大甲渓南岸の高原の上にあって、東勢鎮と隣り合って、葡萄、枇杷、梨などの果物を豊富に産出して、夏の野菜も結構有名で、苦瓜と角瓜は新社郷の宝です、シイタケ、花卉、甘桃もここの農業特産品で、毎年の冬から翌年の春まではパイナップル蜜釈迦の生産時期です。遠い所からここの果樹園を眺めると、全体山の斜面が隙間なく色々な果樹を植えていて、非常に壮観です。

《葡萄》
新社郷は葡萄、枇杷の栽培面積が最も大きくて、葡萄は一年間に二回採ることができて、それぞれは7月~9月と11月~翌年の2月までで、8月~12月は豊富に産出する期間です、ここは酸性土壌に属するため、農民は有機物の肥料を使用して、しかも果実を袋でかぶせる仕事を実行しているので、生産した葡萄の味は十分特別です。

《枇杷》
果物の中に最も春の雰囲気を現すのビワは、黄金色の果実が円くてかわいいです、新社郷で栽培面積が500ヘクタールを上回って、生産地は復興、大南、永源、福興などの村に集中して、頭櫃、2櫃地区の山の斜面は、日照の時間は十分で、果物農家が細かく育成したもとに、枇杷は皮が薄くて果肉が厚くて汁も多いです。もし枇杷の文化を知りたいならば、新社郷の農民協会が創立した「枇杷産業の文化会館」へ行けば結構です。この文化会館は民国88年(1999年)4月に使用し始めて、展示区は146坪があって、館内は農作物の育成区、農村の文化区と地方の文化財区に分けて、また「耕余園」という図書室があって、各類の図書を用意しています。

《シイタケ》
新社郷の「太空包」シイタケは一つの特色で、キノコの農家は乾燥したシイタケを販売そることを除いて、同時に新鮮なキノコも供給します、生産面積はおよそ200ヘクタールで、豊富に産出する期間は5月~10月で、キノコの農業は豊富な経験を持って、育成したシイタケはとても美味しいです。

《夏季の野菜》
夏に新社郷は地形の上の優位を利用して野菜を栽培します、野菜の種類は糸瓜、インゲン豆、苦瓜、大根、ピーマン、キュウリなどがあって、高山の野菜と違って、種類はとても豊富で、みんなに多様化の選択を提供します。

糸瓜は新社郷の夏季野菜のトップで、栽培面積は7、80ヘクタールがあって、特別なのは、農民は糸瓜の外観をもっと売れそうなことをさせるため、特製の「砂山」を用いて糸瓜をまっすぐに生長させます、崑山、東興と永源村ですべて見られて、生産時期は6月~10月に集中して、ここの農村の特殊な景観になります。

新社郷が生産しているインゲン豆は、台中の農業改良場の「台中1番」種類を採用して、豆が甘くて口に合って、その中に大量の鉄質を持って、人体の血液の製造することに役立って、生産期間は五、六月です;苦瓜の栽培面積も大きくて、東興村と協成村が主要な生産地で、7月~10月に豊富に産出します。

《桃》
低い海抜の熱帯の水蜜桃、甘桃も次第に新社郷に入り始めて、3月から、タイの桃、鴬歌桃、甘桃、水蜜桃は次第に登場して、果肉は汁が多くて美味しいです。

《花卉》
国際化の競争圧力に直面して、新社郷の農民は花卉を発展することに努力して、今は悪くない実績を取っています、例えば火鶴花、胡蝶蘭、文心蘭などは、盆栽あるいは生花に関わらず、すべて国内市場と輸出市場が受け取れる品質です。

《パイナップル蜜釈迦》
新社郷と言及すれば、多くの人はすぐビワ、シイタケを思い付いたが、実は、新社郷はもう一つの特産物があります、これは原種レイシと冷子レイシを雑交させた「パイナップル蜜釈迦」で、外観はぱっとしないで、しかし味は特に優れています。たくさんの果物農家は中興嶺の軍事用地の前の道に並んで販売しています。

果物農家は、パイナップル蜜釈迦を食べてみるとパイナップルの香があって、台東の釈迦芭楽の香りと違っていることと説明して、生産期間は旧暦の8、9月から翌年の清明節句まで、果実は弾力性があってから食べることができて、熟して柔らかくなった後で、できるだけ冷蔵庫に入れて保存した方がいいです、冷蔵してからもっとおいしくなって、一週間ぐらい保存することができます、でも注意するべきなのは、まだ熟していないうちに冷蔵庫に入れないでください、恐らく熟することができなくなるかも知れません。
【文章/写真 大台湾旅行ネットTTNewsの記者 魏攸芳】

上記の内容は下記の中国文の文章を翻訳したものです、もしもその中で何が間違いがありました場合は中国文の解釈を基準と致します。

《概說》
新社鄉位於中興嶺北麓大甲溪南岸的高原上,與東勢鎮交界,是盛產葡萄、枇杷、高接梨的水果之鄉,夏季蔬菜名聞全台,苦瓜和角瓜更是新社鄉的一對寶,香菇、花卉、甜蜜桃也是這裡的農特產品,每年冬天到隔年春天,則是由鳳梨蜜釋迦「當家」。從遠處觀賞此地的果園,整座山的大斜面,密密麻麻地種滿了各式各樣的果樹,十分壯觀。

《葡萄》
新社鄉以葡萄、枇杷的栽種面積最多,葡萄一年兩收,分別是七月至九月、十一月至翌年二月,八月到十二月是盛產期,由於這裡原本多屬酸性土壤,農民施用有機質肥料,並且落實疏果、套袋工作,生產的葡萄風味十足。

《枇杷》
水果中最具春天氣息的枇杷,金黃色的果實圓胖可愛,在新社鄉栽培面積超過五百公頃,產地集中在復興、大南、永源、福興等村,頭櫃、二櫃地區因處山坡地,日照時間充足,在果農的細心喝護下,枇杷不但皮薄肉細,入口尤其香甜多汁。如果想一窺枇杷文化的堂奧,可以一探新社鄉農會成立的「枇杷產業文化館」。該館在民國八十八年四月啟用,相關展示區占地一百四十六坪,館內規劃農作物栽培區、農村文化區和地方文物區,另有「耕餘園」圖書室,典藏各類圖書供大家閱讀。

《香菇》
新社鄉的太空包香菇也是一大特色,菇農除了銷售乾燥香菇,同時供應鮮菇,帶動香菇食用形態的轉變,生產面積達兩百公頃,盛產期是五月到十月,菇農經驗豐富,栽培的香菇無論風味、整齊度都在水準之上。

《夏季蔬菜》
夏天也很熱鬧,新社鄉利用地形上的優勢發展夏季蔬菜,有稜角絲瓜、四季豆、苦瓜、蘿蔔、青椒、小黃瓜等,有別於高冷蔬菜,種類很豐富,提供大家多樣化的選擇。

稜角絲瓜更是新社鄉夏季蔬菜的寵兒,栽培面積就有七、八十公頃,特別的是,農民為了讓稜角絲瓜更有賣相,還自製「沙包」用來吊直絲瓜,在崑山、東興、永源村都看得到,產期集中在六月到十月,形成在地的農村特殊景觀。

新社鄉生產的四季豆,採用台中農改場用成的台中一號,豆夾整齊、脆甜可口,其中含大量鐵質,有助於造血、補血,五、六月是產期;苦瓜栽培面積也不少,東興、協成村是主要產地,七月到十月盛產。

《桃》
低海拔熱帶水蜜桃、甜蜜桃也逐漸在新社鄉拓展版圖,從三月開始,泰國桃、鶯歌桃、甜蜜桃、水蜜桃跳力登場,肉質細緻、風味甜美。

《花卉》
面臨國際化競爭壓力,新社鄉農民努力發展花卉栽種,現在已有不錯的成績,例如火鶴花、蝴蝶蘭、文心蘭等,無論盆花或切花,都廣受內外銷市場的肯定。

《鳳梨蜜釋迦》
提起新社鄉,很多人第一個想到的是枇杷、香菇,其實,新社鄉還有一項特產,就是番荔枝和冷子番荔枝雜交而成的「鳳梨蜜釋迦」,外觀不起眼,滋味卻不同凡響。許多果農在中興嶺營區前的聯外道路旁擺攤位銷售。

果農表示,鳳梨蜜釋迦吃起來有鳳梨香,與台東釋迦的芭樂香風味大異其趣,產期自農曆八、九月到隔年清明節為止,等到果實有了彈性,就可以用水果刀切片吃,熟軟之後,最好放入冷藏室以保持新鮮,冰過更好吃,保存一星期不成問題,不過要注意的是,如果還沒轉熟,千萬不要放進冰箱,否則就熟不了。

新社鄉是台中地區第二大客家人聚集地,保有純樸、自然的民風,休閒農業更是資源豐富,負責國家種苗培育和研究工作的種苗繁殖改良場,場內老樹參天、林蔭濃密,是踏青的好地方。中興嶺的菇類產銷斑生產品質優良的香菇,當做伴手禮絕對體面;中興合作農場除了可以品嚐農特產品外,農場還附設廢棄太空包的資源回收場,展現「化腐朽為神奇」的環保精神。到了新社鄉,如果錯過田園生態之旅,那就太可惜了。
【大台灣旅遊網TTNews記者魏攸芳報導】
2008-03-04 17:15:00
2008-03-04 17:16:00
3739
大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
台中市
台中市
地方特產品
地方特產品
台中市
台中市
 
     
 
基隆市 台北市 台北県 桃園県 新竹市 新竹県 苗栗県 台中市 彰化県 南投県 雲林県 嘉義市 嘉義県 台南市 高雄市 屏東県 台東県 花蓮県 宜蘭県 澎湖県 金門県 連江県(馬祖)
   
 
本サイトのコンテンツの著作権は、大台湾旅行ネットの方にあります。文章、画像、映像、音声等データの無断転用・引用はご遠慮願います。
大台湾旅行ネット股分有限公司 会社登録番号:13063983
住所:台湾台中市南屯区五権西路二段666号16F-1
TEL:+886-4-2385-1199 FAX:+886-4-2385-0099