大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
南投縣
南投縣
お茶
お茶
南投縣
南投縣
名間お茶の香りが漂う
2008-08-14 13:13:00
2008-09-06 23:30:00
9491
吳佩樺
南投縣
吳佩樺
南投縣
    

 南投県名間郷を語るとここで盛んに生産するお茶である。特に松柏嶺地区には一面に茶園で、お茶の採取する季節になると何処でも独特なお茶の採取、作る過程を見え、お茶の香りを味わう。

 名間郷の松柏嶺地区では茶園の面積といい生産量といい台湾で一番優れて、毎年の産量は一万トンもあるので当地にとって一番重要な経済の農業である。松柏嶺地区は八卦山脈の南側で、海抜400メートルぐらいの地形で凍頂茶の比べてやや劣るが山脈の東側に太陽がよく当たり、年に七回も採取できる。また、赤土の質がお茶の深耕が出来ることもある優れる条件の下で、お茶を入れると香りが漂い広がって品質が確信されている。

 松柏嶺地区で出来るお茶の種類が色々があって、主に青心ウーロン、金萱、翠玉、武夷、四季春があり、消費者が自分の好みによって選べ、お茶メーカにとって需要が満足できる上で凍頂茶地区に近くて外地のお茶メーカも当地のメーカに委託して凍頂茶が誂える。だから、松柏嶺地区はお茶の大メーカも故郷、全国で一番大きなお茶の卸売りの集中地と言われる。特に、附近では宗教の活動で、お茶の作り過程や売買などの原因で100メートルの町はもお茶の店が並べて「茶町」が呼び、本当に特色を持て観光客がお土産を買う所である。

 松柏嶺地区のお茶原の元の名前は「埔中茶」と呼ばれた。お茶の採取の四季ははっきりで、茶園の景色も季節によって青、黄色に変化していて、1975に蒋経国 総統は南投の「受天宮」に視察する時、地元の人がウーロン茶を差し上げて、「松柏長青茶」という名を賜予されたそうだ。その以後、茶園の景色が四季とも日に日に栄える青さになっていて、松柏嶺で出産のお茶が「長青茶」と呼ばれる。
    
 お茶が好きなお客も当地にお茶の故郷を楽しみ、お茶を味わえるように来て、名間と松柏嶺の人文風景を体験してみて自分が好きなお茶を探せる。
  
【撮影 大台湾旅行ネットTTNewsの記者 ・范綱武】




  提到南投縣名間鄉,就會讓人聯想到這裡所盛產的茶葉,尤其是松柏嶺地區茶園遍佈,每到採茶季節處處可見獨特的採茶、製茶風光,還有那雋永的茶青之香。

  名間鄉松柏嶺地區無論是種茶面積、單位面積量及年產量皆居全台第一,年茶產量達一萬多公噸,是名間最重要的經濟作物。松柏嶺地區因位居八卦山脈最南端,海拔約400公尺台地,雖比產凍頂茶的地區地勢較差,但因山脈東斜坡向陽,日照充足,一年可採收七次,加上屬於紅土土質適合茶葉深耕厚植,有種茶的優良條件,所生產的茶沖泡時香氣四溢,品質備受肯定。

  松柏嶺地區所產茶葉品種口味多,主要有青心烏龍、金萱、翠玉、武夷、四季春,可讓消費者自由挑選自己喜愛的口味,也符合茶商需要,加上地緣上接近凍頂茶區,外地茶商方便委託這裡的茶商代買凍頂茶,因此,松柏嶺地區可說是大茶商的故鄉,也是全台最大的茶葉批發集散中心,尤其是受天宮附近因為宗教活動、製茶買茶等因素而聚集的「茶街」,接連數百公尺幾乎都是茶坊,相當具有特色,也是觀光客購買地方特產的地方。

  松柏嶺的茶原名為「埔中茶」,據說剛開始茶葉採收原來四季分明,茶園景觀也隨茶葉採收及季節變化有青、黃之分,到了1975年,蔣故總統 經國先生來南投縣受天宮訪視時,當地人士泡烏龍茶奉上,蔣經國賜名為「松柏長青茶」,茶園景觀就此終年長青,茶業欣欣向榮,從此凡產自於松柏嶺的茶都稱為「長青茶」。

  喜歡喝茶的遊客,可以上山聞茶鄉、品茶韻,走一下茶街,除了感受名間與松柏嶺地區的人文風情,也可以找到適合自己的茶。(攝影/范綱武)

2008-08-14 13:13:00
2008-09-06 23:30:00
9491
大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
南投縣
南投縣
お茶
お茶
南投縣
南投縣
 
     
 
基隆市 台北市 台北県 桃園県 新竹市 新竹県 苗栗県 台中市 彰化県 南投県 雲林県 嘉義市 嘉義県 台南市 高雄市 屏東県 台東県 花蓮県 宜蘭県 澎湖県 金門県 連江県(馬祖)
   
 
本サイトのコンテンツの著作権は、大台湾旅行ネットの方にあります。文章、画像、映像、音声等データの無断転用・引用はご遠慮願います。
大台湾旅行ネット股分有限公司 会社登録番号:13063983
住所:台湾台中市南屯区五権西路二段666号16F-1
TEL:+886-4-2385-1199 FAX:+886-4-2385-0099