大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
嘉義縣
嘉義縣
お茶
お茶
嘉義縣
嘉義縣
高山ウーロン茶の栽培区
2008-03-04 11:05:00
2008-03-04 11:06:00
4981
葉南顯
嘉義縣
葉南顯
嘉義縣
  台湾のお茶の歴史は悠久で、百数年前から、台湾のウーロン茶はすでに世界の各国の好評を受けて、更に「FORMOSAのウーロン茶」の美名を得ました。

  台湾の大部分のお茶が半分発酵のお茶に属して、昔はウーロン茶が最も有名で、生産高は全世界の二分の一を占めたことがあって、北部の「鉄観音」、文山の「包種茶」も段々有名になってきて、新竹の「東方美人茶」は更に多くの欧米人の好感を受けます。

  「ウーロン茶の実」は祖先が唐山から台湾までへ移住する時いっしょに持ってきたのです、お茶から延びて発展した経済と文化は台湾に対して、ずっと深い影響を与えて、同時に台湾人の生活と分けられないことになります。

  昔台湾のウーロン茶は平地で栽培して、速い乾燥方式でお茶を作りました、後でゆっくりと高い海抜の山岳地帯で試験的に植えて、高山ウーロン茶を育成してから、ゆっくりの乾燥方式でお茶を作って、茶水は蜂蜜見たいの黄色で、味は上品なすがすがしい香りで、喉に甘味がよく出て、台湾の若者の市場にとても大人気になって、そのため台湾のウーロン茶を「老人のお茶」の印象から取り除いて、若者の市場の新紀元を開きました。

  嘉義の梅山郷は台湾の一番早い開発した高山茶区で、1975年に「鹿谷の凍頂茶」のお茶を植えると作る技術を学んでから、「梅山の竜眼林」に帰って台湾の高山茶の重要な歴史を開いて、今なおすでに20年以上の歴史を持っています、嘉義の梅山郷の太平山の東にある七つの村落がすべて茶を栽培していて、品種の70パーセントが青心ウーロン茶で、30パーセントが金萱茶です、海抜の800~1300メートルに栽培して、面積はおよそ1200ヘクタールで、年間生産量は24万キログラムで、冬と春季のお茶の品質と価格が最も高いです、主に台湾国内市場で販売して、現地の農民の主要な収入です。

写真の1:高山茶を採っている風情。
写真の2:熟した厚い高山茶の葉は、良いお茶を作る重要な元素です。
写真の3:海抜1 300メートル以上の高山の茶畑。
【文章/写真 大台湾旅行ネットTTNewsの記者 洪榕】

上記の内容は下記の中国文の文章を翻訳したものです、もしもその中で何が間違いがありました場合は中国文の解釈を基準と致します。

  台灣茶歷史悠久,早在一百多年前,台灣烏龍茶就揚名國際,廣受世界各國的好評,更享有「福爾摩沙烏龍茶」的美譽。

  台灣大多都是半發酵茶,早期以烏龍茶最為知名,產量是佔全球的二分之一,北部的鐵觀音、文山包種茶也頗負盛名,新竹東方美人茶更是大受歐美人士的喜愛。

  「烏龍茶籽」自先人從唐山移民到台灣一起帶過來,種在台灣這塊土地上,從茶延伸的經濟與文化,自今一直深深的影響台灣社會,也與台灣人的生活密不可分。

  台灣烏龍茶早期種植於平地,茶葉的烘焙方式以重焙火,後慢慢的開始嘗試種於高海拔的山區,高山烏龍培育成功,製茶方式以輕焙火為主,茶湯是蜜黃色,味道清香高雅、入喉甜淡回甘,在台灣市場上頗受年輕一代歡迎,因此台灣烏龍茶漸漸的走出了「老人茶」的印象,開啟了年輕市場的新紀元。

  嘉義梅山鄉是台灣最早開發的高山茶區,一九七五年至「鹿谷凍頂」學習種、製茶,回到「梅山龍眼林」種下台灣高山茶的重要歷史時刻,至今已二十多年,現嘉義梅山鄉太平山以東有七個村莊都是種植茶葉,品種百分之七十種植青心烏龍、百分之三十是金萱茶,種植海拔八百到一千三百公尺,面積一千兩百公頃,年產量為二十四萬公斤,以冬、春季茶的品質與價格最好,主要為內銷台灣本島市場,是當地農民主要經濟來源。

【圖片說明】
圖一:高山採茶風情。
圖二:成熟飽滿的高山茶葉,是製好茶的重要元素。
圖三:海拔一千三百公尺以上的高山茶園。
【大台灣旅遊網TTNews/洪榕採訪】

2008-03-04 11:05:00
2008-03-04 11:06:00
4981
大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
嘉義縣
嘉義縣
お茶
お茶
嘉義縣
嘉義縣
 
     
 
基隆市 台北市 台北県 桃園県 新竹市 新竹県 苗栗県 台中市 彰化県 南投県 雲林県 嘉義市 嘉義県 台南市 高雄市 屏東県 台東県 花蓮県 宜蘭県 澎湖県 金門県 連江県(馬祖)
   
 
本サイトのコンテンツの著作権は、大台湾旅行ネットの方にあります。文章、画像、映像、音声等データの無断転用・引用はご遠慮願います。
大台湾旅行ネット股分有限公司 会社登録番号:13063983
住所:台湾台中市南屯区五権西路二段666号16F-1
TEL:+886-4-2385-1199 FAX:+886-4-2385-0099