大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
嘉義縣
嘉義縣
台湾の名所ご案内
台湾の名所ご案内
嘉義縣
嘉義縣
【台湾経典的な鉄道の旅】糖場の五分車に乗って地方の文化を述べる
2008-10-20 18:56:00
2008-10-20 18:58:00
2914
吳佩樺
嘉義縣
吳佩樺
嘉義縣

 
 製糖の工場から文化園区になる嘉義の蒜頭糖場は日本統治時代西暦1906年に建てられ、今からも百年の歴史になって当時の台湾の製糖を輸出する重要な工場の一つである。公路開通と都市の建設に伴って、糖場は西暦2001年に運行を停止された。そのような重要な遺跡を失わないために、2002年に糖場を「蔗埕文化園区」になった。

 観光文化の資産になる「蔗埕文化園区」の内部企画は五大特色を分けた。糖業類、鉄道類、歴史建築、五分車(トロッコ列車)、人文類になって親子、産業、文化の旅といえる、更に校外教学の良い場所である。特に五分車は今まで園区の汽車はまだ運営していて、民衆に試乗することを体験させてかなりレジャーと教育を兼ねる活動である。

 園区には時速5キロメートルに達する「五分車」に乗れるだけでなく各ガイドを通じて過去の軽便鉄道、五分車、防空壕、和式木造駅、製糖工場…など相関の歴史文化の資産を見える。特にわざわざ日本から迎える「嘉」という650型蒸気機関車は一層に鉄道マニアが指標的な場所である。

 鉄道の専門家の蘇昭旭は「五分車は軌間によって異なる名称になり、世界に使用される標準軌は1435mmだが、五分車の軌間は標準軌の半分の意味であり、中には昔の花東幹線の軌間及び阿里山森林鉄道…などがあります」と述べた。(撮影/洪榕)
【大台湾旅遊ネットTTNews記者黃柏庸/嘉義県報道】


  從製糖工廠轉身為文化園區的嘉義蒜頭糖廠,建於日治時代西元1906年,距今已有百年歷史,是當時台灣製糖輸出重要的工廠之一,隨著公路的興起、都市的建設,慢慢的糖廠在西元2001年停止運作,為了不讓這份重要的歷史遺跡,湮滅在荒煙漫草之中,在2002年糖廠轉型成為「蔗埕文化園區」。

  轉型為觀光文化資產的蔗埕文化園區,內部劃分為五大特色,分別是糖業類、鐵道類、歷史建築、五分車、人文類,可說是一項親子、產業、文化之旅,更是校外教學的好場所,尤其是五分車,到現在園區的火車仍在營運,並開放民眾搭乘體驗,相當具有寓教於樂的休閒活動。

  在園區內不僅可以搭乘時速高達「五公里」的台糖五分車,透過導覽還可以看到過去的輕便車、糖蜜車、警戒樓塔、防空洞、日式木造車站、製糖工廠…等相關歷史文化資產,尤其是遠從日本迎接回「嘉」的650型蒸氣老火車頭,更是鐵道迷找尋的指標性車頭。

  鐵道專家蘇昭旭表示:「五分車就是以軌距的不同而劃分出的名詞,世界上使用的標準軌為1435mm,五分車的軌距約為標準軌的一半,同等的軌距如昔日花東幹線窄軌,及阿里山森林鐵路…等。」(攝影/洪榕)

2008-10-20 18:56:00
2008-10-20 18:58:00
2914
大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
嘉義縣
嘉義縣
台湾の名所ご案内
台湾の名所ご案内
嘉義縣
嘉義縣
 
     
 
基隆市 台北市 台北県 桃園県 新竹市 新竹県 苗栗県 台中市 彰化県 南投県 雲林県 嘉義市 嘉義県 台南市 高雄市 屏東県 台東県 花蓮県 宜蘭県 澎湖県 金門県 連江県(馬祖)
   
 
本サイトのコンテンツの著作権は、大台湾旅行ネットの方にあります。文章、画像、映像、音声等データの無断転用・引用はご遠慮願います。
大台湾旅行ネット股分有限公司 会社登録番号:13063983
住所:台湾台中市南屯区五権西路二段666号16F-1
TEL:+886-4-2385-1199 FAX:+886-4-2385-0099