大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
新竹縣
新竹縣
台湾の名所ご案内
台湾の名所ご案内
新竹縣
新竹縣
尖石郷の斯馬庫斯
2007-12-13 21:25:00
2007-12-13 21:26:00
1830
葉南顯
新竹縣
葉南顯
新竹縣
  新竹県の尖石郷の120線の道路から尖石の後山へ前進して、尖石に到着する時に右に曲がって尖石大橋を通って、比麟を経由して錦屏、梅花村へ行って、錦屏の観光大橋に到着することができます、錦屏の観光大橋を通って、錦屏道路(竹の60線)に入って、那羅を通った後に山岳地帯に入り、那羅を過ぎたら宇老に着きます、ここは一つの山口です。

  宇老に一つの觀景台があって、晴れ時に一ヶ所の景色を観賞する良い場所です。引き続いて秀鑾野渓の温泉、軍艦岩と一本のつり橋に到着して、それから停車して入山の手続きを申請することが必要です。

  竹の60線に沿ってずっと前に行って、石磊を経由して一つの交差点の近くに木製の牌楼が見えます、この牌楼を通って坂を上って新光に着くことができて、この地区のもとの地名は斯馬庫斯で、だからここの住宅の番地の上にまた斯馬庫斯を書いています、地元の人の話によると、日本の植民地時代に、ある日一人の日本の警官は朝とても早く起きて、ちょうど日の出の明るく美しい景色を見て、そこで新光派出所と命名して、それからこの地区は新光と称し始めました。

  新光の部落の中に新光の国民小学校があって、小学校は森林の中にあるため、教室は森林と言えます、一つの黒板は二株の木の間に固定して、学生達は地面或いは小さい椅子の上に座って、先生も普通の教室の中で学生達に授業をするようですが、ただ壁と屋根がないだけです、ここの森林の自然生態も豊富で、たくさんの旅行団体がよく来ます。

  部落の出入り口にも一つの大きい牌楼および一軒の小さい木造家屋があって、旅客はここで遠くの景色を眺めることができます、それ以外に部落の前と後ろにそれぞれ一つずつの景観平台があって、旅客が休みながら、景色を鑑賞することができます。その他に一棟のカトリック教会堂があって、建物の外形はとても素晴らしくて、部落の毎週の集会及び活動を催す場所です。

  カトリック教会堂の側の桃核歩道は約1.2キロメートルで、生態もとても豊富で、レジャーの良い場所で、その他にまた一軒の室外図書館及び集会所の特殊な建物があって、この建物は全て材木で建てて、真中は一つの机を置いて、周りは木の椅子を置いて、机の上に多くの本があって、いつでも自分で取って読むことができるようです、壁の部分にも一列の椅子を設計して、一ヶ所の多機能の空間です。部落の建物は全て材木と竹を利用して、古い建築工法で建てて、とても部落の特色を持ちます。

写真の1:新光部落の午後の景色
写真の2:部落の内のカトリック教会堂
写真の3:部落の室外図書館および集会所
【文章/写真 大台湾旅行ネットTTNewsの記者 蔡聡挺】

上記の内容は下記の中国文の文章を翻訳したものです、もしもその中で何が間違いがありました場合は中国文の解釈を基準と致します。

  由新竹縣尖石鄉的120線道往尖石後山前進,到達尖石岩時右轉經過尖石大橋直走,經過比麟往錦屏、梅花村,到達錦屏觀光大橋時左轉經過錦屏觀光大橋,開始進入錦屏道路(竹60),經過那羅之後開始進入山區,目前整條道路的路狀不差。記得照規定行駛中的車輛要開車頭灯,以增加行車安全。車過那羅便到宇老,這個地方正是一個山口之所在,到這一帶特別要小心,傍晚時分大都會處在雲霧帶中,視線較差,是能見度較短的一段道路,行車務必放慢速度,注意路況及前後車輛。

  宇老這兒有一個觀景台,晴天時是一處賞景的好地方。接著到達秀鑾野溪溫泉、軍艦岩以及一座吊橋,然後準備停車到檢查站辦理入山登記,所以一定要記得隨身攜帶身份証,手續費十元。下山時入山証還要再繳回,所以要好好保管,千萬不要遺失。

  接著沿竹60線道一直往前,經過往石磊及往司馬庫斯兩個交叉路口,都走右邊的道路。在與司馬庫斯的叉路口附近有一個木製牌樓,所以經過牌樓上坡便可以直接到新光,這一個地方原來的地名是斯馬庫斯,所以每一家的門牌上都還是斯馬庫斯,據當地人表示,在日據時期,有一位日本警察有一天早上很早起來,看到剛升起的陽光非常亮麗,因而命名為新光派出所,後來才叫著新光。

  在新光部落裏有一所新光國民小學,小學的一方是一處森林,森林教室就設在這裏,一塊黑板就固定在兩棵樹木間,學生們或席地而坐,或是坐在小板凳上,老師就如同在教室中上課,只是沒有牆壁及屋頂而已,而且森林內自然生態非常豐富,很多到新光旅遊的團體,這裏也是導覽解說的地方。

  進部落的道路口也有一座大牌樓,以及一個小高架木屋,除了有入口形象的意義,也是旅客登高望遠的地方,此外在部落的前後各有一個觀景平台,是旅客休息,欣賞風景的地方。但是部落不歡迎在平台上露營或野炊。另外有一棟天主堂,建築的外型非常新穎,是部落作禮拜,主日學及其他活動的地方。

  天主堂邊的桃核步道約1.2公里,生態也很豐富,是休閒、健身的好地方,另外比較特殊的建築是戶外圖書館暨集會所,整棟建築以木材建成,有點像是樓中樓,一樓的中間是一個書桌,四周放著木椅,書桌上還放著好幾本書,好像隨時可以自己取閱,靠牆的部分也設計成整排的椅子,是一處多功能的空間。之外部落的前後也各有一棟資源回收房屋,可能在部落以外的地方就很難看到了。這些公共建築物,全部以木材及竹子作為建材,以古老的手法建造而成,也都是離地的設計,很有部落的特色。很值得親自前往看看。

圖一、新光部落午後的好風景
圖二、部落內的天主堂
圖三、部落的室外圖書館暨集會所
蔡聰挺

2007-12-13 21:25:00
2007-12-13 21:26:00
1830
大台湾旅行ネット
大台湾旅行ネット
新竹縣
新竹縣
台湾の名所ご案内
台湾の名所ご案内
新竹縣
新竹縣
 
     
 
基隆市 台北市 台北県 桃園県 新竹市 新竹県 苗栗県 台中市 彰化県 南投県 雲林県 嘉義市 嘉義県 台南市 高雄市 屏東県 台東県 花蓮県 宜蘭県 澎湖県 金門県 連江県(馬祖)
   
 
本サイトのコンテンツの著作権は、大台湾旅行ネットの方にあります。文章、画像、映像、音声等データの無断転用・引用はご遠慮願います。
大台湾旅行ネット股分有限公司 会社登録番号:13063983
住所:台湾台中市南屯区五権西路二段666号16F-1
TEL:+886-4-2385-1199 FAX:+886-4-2385-0099